前へ
次へ

訃報の知らせを貰った際の弔問のタイミング

社会人として生活していると、突然訃報の知らせが届く場合があります。
そんな時はすぐに葬式に参列するために、マナーを守って準備をすることが重要ですが。
ただし故人との関係によっては通夜式や告別式のまえに 弔問にうかがう事も可能となります。
では実際に弔問にうかがう際のタイミングですが、訃報の知らせを貰ったタイミングで考慮します。
故人ととても親しい間柄であれば夜中の場合であっても、訃報の知らせが届く場合があります。
その際はお悔やみの言葉を伝えたうえで、余が開けてから弔問にうかがう事を伝えると良いです。
その際には通夜式や告別式をお手伝いするつもりで行くと良いです。
また遺族は他に訃報の知らせを伝えたり、葬式の準備と色々と忙しくなります。
そのため長電話などは控え、弔問自体も短くすませるようにするのがマナーです。
その際にお手伝いすることを申し出てみて、お願いされたようであれば手伝いをしてもよいです。
ただし状況によっては断られることもあるので、その際は手伝いを無理にする事は控えすぐに失礼するのがよいです。

Page Top