前へ
次へ

弔問にうかがう際の服装について

自分にとって親しい間柄の人やとてもお世話になった人の突然の訃報の知らせが届いた場合、故人との最後の対面のために弔問にうかがう場合もあります。
その際は訃報の知らせが届いた際に、手短に弔問にうかがう旨を伝えると良いです。
ただし夜中など時間帯が遅い場合であれば、遺族へ配慮することが優先となるので、夜が開けてから弔問にうかがう事を伝えると良いです。
実際に弔問にうかがう際の服装ですが、まだ葬式である通夜式や告別式まえになるので普段の服装で問題はありません。
ただしできるだけ落ち付いた色の服装を選ぶのが望ましいです。
あまりに派手な服装や化粧や装飾品などは控えるなどの配慮も必要です。
また普段着で問題はありませんが、あまりにラフな格好や露出が多い服装は避けたほうがよいです。
とくに夏の時期は暑いので露出の多い服装が多いですが、その点は遺族への配慮でありマナーでもあるので落ち着いたデザインの服装を選ぶようにするのがポイントとなります。

Page Top