前へ
次へ

弔問にうかがえない時の対応方法

訃報の知らせが届いた場合は、すぐに葬式に参列するための準備をするのが大切になります。
ただし故人との関係によっては弔問にうかがう事で、故人と対面し最後のお別れをする事ができます。
ただしどうしても自身の状況によっては、弔問にうかがえない場合も多くあります。
その際はしっかりとマナーを守って対応することがポイントになります。
まずうかがえない際の対応方法の1つとして、自分の変わりに弔問をお願いする方法があります。
代理人は自分の配偶者や子供などを選ぶと良いです。
それ以外であれば、弔電を打つという方法もあります。
ただし弔問自体は略式であるんため必ず必要というわけではありません。
そのため無理に弔問に訪れる事で、逆に遺族へ負担をかけてしまう可能性もあります。
そのため弔問自体はすぐに伺えない場合は、後日改めて伺うなど状況に合わせて対応すると良いです。
またその他にはお悔やみの手紙などを書く事で、故人への追悼の意を表すことなども可能です。

Page Top