前へ
次へ

葬儀を行う際の基本的な流れについて

人が亡くなると葬儀を行う事で、故人との最後のお別れをすることができます。
日本では仏式タイプの葬儀が一般的に行われるので、マナーを守って参列することが重要となります。
ただし初めて葬儀に参列するという人の場合であれば、どのように葬儀が進められていくのか知らない人も実は多くいます。
そのため参列する側であっても、喪主などを勤める身内側であっても全体的な流れをは把握しておくと良いです。
では基本的な葬儀の流れですが、まずは準備をする必要があります。
遺体の安置場所や葬儀会社や寺への連絡などもあります。
また形式の内容によっては合わせて火葬場の予約をする必要もあります。
準備自体の内容に関しては葬儀会社スタッフが対応してくれるます。
次に通夜と告別式が行われます。
一般的に通夜と告別式は別々の日に行われますが、1日で済ませてしまう場合もあります。
最後の流れとして精進落としと初七日が行われます。
宗派や形式によって多少違いはありますが、これが基本的な流れとなります。

Page Top