前へ
次へ

葬式となる初七日法要の流れについて

葬式は通夜式と告別式を行うのが一般的であり、仏式タイプが多いので僧侶にきてもらい読経をしてもらいます。
本来であれば故人が亡くなった7日後に行う法要隣ますが、最近では告別式が行われる日に合わせて初七日法要を行ってしまう場合も増えてきています。
その場合は繰り上げ初七日とも呼ばれています。
初七日法要が行われた後は、精進落としの料理が振る舞われます。
精進落としの料理自体はお礼の意味も込められています。
そのため一般的には親族や親しい人に振る舞うことが多い食事ですが、告別式と合わせて行う場合は参列した全員に食事を食べてもらう場合もあります。
ただし食事に出席するかどうかは当日にしか分からないので、精進落としの食事を振る舞う場合は早めに参列者へ声掛けすると良いです。
その後は散会となり帰宅という流れになります。
遺族は会場の最後まで残り、親族や参列者が帰宅されるのを見送ります。
最後の片づけなどはスタッフの方が行ってくれますが、色々と挨拶を行って遺族も帰宅という流れになります。

Page Top