前へ
次へ

葬式となる通夜式の一般的な流れについて

葬式の形式として一般的に多いのが仏式タイプになります。
そのため葬式を行う場合は通夜と告別式を別々に行うことが多いです。
では実際に自分が故人の身内であり通夜式にを執り行う側の場合ですが、初めてであれば全体的な流れを把握しておくと良いです。
では実際に通夜式の流れですが、まず通夜式の前日に準備を行う事になります。
参列や受け付けや接客方法など、どのようにするかを具体的に決めていきます。
全て自分で決めるのではなく、葬儀社スタッフと相談しながら決めることができます。
通夜式当日ですが、依頼した会場で執り行われます。
仏式であれば僧侶をよんでお経を読んでもらいます。
その後は遺族から始まり親族、参列者とお焼香が行われます。
通夜式自体は規模などにもよりますが、次回は1時間から1時間半程度で終わります。
次に通夜式後は通夜振る舞いと呼ばれる食事が行われる場合もあります。
ただし通夜振る舞い地域によって内容が異なります。
最後に通夜式が終了した後は、翌日の告別式の準備をして終了となります。

Page Top