前へ
次へ

葬式となる告別式の流れについて

身内で不幸があった場合は葬式を行う事になりますが、一般的には通夜式が行われた翌日に告別式を行います。
ですが身内で初めて不幸があった場合は、遺族にとって葬式自体も初めてという場合も多いです。
そんため告別式の全体的な流れを把握しておくと良いです。
まず告別式が行われる前日に通夜式が行われますが、式終了後に告別式の準備が行われます。
式全体の進め方など葬儀社スタッフと決めていくことになるので、分からない事は色々と相談していくと良いです。
告別式当日は僧侶をよび読経をしてもらいます。
次に通夜式と同じように遺族から始まり、親族、参列者の順で焼香が行われます。
ここまでの段取りとしては通夜式とほぼ同じと考えておくと良いです。
ただし通夜式よりも参列者が多いので、時間は1時間半から2時間ほどかかる場合もあります。
その後は棺を霊柩車に乗せて出棺が行われます。
そのまま火葬場に移動となり、火葬が行われて遺骨を骨壷に収めます。
ただし火葬場は当日に行うか、後日に行うかは地域によって多少違いはあります。

Page Top