前へ
次へ

葬儀に参列するときのNGのマナー

葬儀に参列するときのNGマナーは遅刻です。
開始時間に到着するようにします。
読経の最中に着席することはできるかぎり避けるようにし、どうしても遅れてしまったときにはお詫びをいい焼香をさせてもらいます。
参列が遅くなってしまい受付に人がいなくなってしまった場合には香典は遺族を直接手渡ししたり、拝礼後に霊前に供えます。
香典は新札を包むことはNGです。
新札には前もって準備していたということになってしまいます。
ただし、新札はNGですがあまりにも汚れている紙幣は失礼になってしまいます。
新札以外の少し古い紙幣を香典にしようし、たまたま新札しか用意できなかった場合には折り目をつけてから包むようにします。
葬儀ではよほどの親しい間柄でないかぎりは遺族への挨拶は避けるようにします。
遺族と親しくても長話はNGです。
お悔やみの言葉は短めに伝えるようにします。
また、遺族へ亡くなった経緯を聞くことはもっともNGな行動です。
葬儀に参列しているときには、会社関係や友人など顔見知りの人と会うことも多々ありますが世間話をすることはNGです。
話しがあるときには、葬儀会場を出てから行います。

堺市立斎場 家族葬
綺麗なホールで心を込めたお別れを

お金をできるだけ抑えたいなら
VIPシティホールなら安くできます

Page Top